雷と突風及び降ひょうに関する全般気象情報(3月16日)

GSM_500_T_20200316-03_FT12

上空の寒気の影響で大気の状態が非常に不安定となっているため、西日本から東北地方ではきょう16日(月)夕方にかけて、落雷や竜巻などの激しい突風、降ひょうに注意してください。

[気圧配置など]
きょう16日(月)は、西日本から東北地方の上空5500m付近に、平年より15℃程度低い-33℃から-36℃の寒気が流れ込んでいます。このため、西日本から東北地方の広範囲で大気の状態が非常に不安定となっています。また、西日本から東日本の日本海側を中心に降雪の強まる所がある見込みです。

[防災事項]
西日本ではきょう16日(月)昼過ぎにかけて、東日本から東北地方では夕方にかけて、落雷や竜巻などの激しい突風、降ひょうに注意してください。発達した積乱雲の近づく兆しがある場合には、建物内に移動するなど、安全確保に努めてください。特に、上空と地表付近の気温の差が大きくなるため、広範囲で降ひょうのおそれがあります。農作物や農業施設の管理にも注意してください。

中国地方や近畿地方では、山地を中心にきょう16日(月)昼前にかけて大雪となる所があるでしょう。また、東日本では16日(月)夜にかけて日本海側を中心に大雪となる所があり、東海地方や甲信地方の平野部でも雪の降る所があるでしょう。大雪や積雪による交通障害、樹木等への着雪、なだれに注意してください。

最近の記事

関連する記事