雷と突風に関する北陸地方気象情報(2月10日)

GSM_500_T_20200210-03_FT12

北陸地方では、きょう10日(月)の夜遅くにかけて落雷や竜巻などの激しい突風のおそれがあります。
日本海の低気圧が発達しながら東南東に進み、夕方にかけて北陸地方に接近する見込みです。
0006_chart00_20200210_06
また、東日本の上空約5500mには-36度以下の寒気が流れ込むため、北陸地方では夜遅くにかけて大気の状態が非常に不安定となるでしょう。
屋外活動等に十分注意してください。発達した積乱雲の近づく兆しがある場合には、建物内に移動するなど、安全確保に努めてください。また、ひょうの降るおそれもありますので、農作物等の管理にも注意してください。

文責 株式会社サーフレジェンド 気象予報士・防災士 唐澤敏哉

最近の記事

関連する記事