この冬一番の寒気が南下します(2月5日)

GSM_500_T_20200205-09_FT24

あすの6日(木)にかけて、この冬一番の寒気が南下します。暖冬傾向となっていますが、あすは本格的な冬の天気となりそうです。

大雪の目安となる上空5500m付近で-36℃を下回る寒気が関東~北陸付近にまで南下する予想です。日本付近は、広い範囲で西高東低の冬型の気圧配置となる予想です。
0006_chart24_20200206_09
北海道・東北の日本海側、北陸では雪となり、大雪や吹雪となる所もあるでしょう。大気の状態が不安定となり、雷が発生する所もありそうです。

また、広い範囲で北東~北~北西の季節風が強まります。強い所では、平均で15m/s、瞬間最大風速は20m/sを越すでしょう。
kaze6日午前9時
風予想図6日(木)午前9時

気温も下がり、この冬で、最低気温が0℃を下回る「冬日」と初めてなる所もありそうです。

海では、広い範囲で北寄りの波が強まり、波高が5m前後となってしけとなる海域・沿岸があるでしょう。
波高6日午前9時
波高予想図6日(木)午前9時

各ポイントの詳細はピンポイント予報よりご確認ください。

文責 株式会社サーフレジェンド 気象予報士・防災士 唐澤敏哉

最近の記事

関連する記事