南岸低気圧と冬型の気圧配置による荒天について(1月24日)

28日午前9時

来週は南岸低気圧と冬型の気圧配置により、海・陸ともに荒天となる可能性があります。

低気圧が28日(火)から30日(木)にかけて本州南岸を通過。その後、上空の寒気が南下し31日(金)にかけて西高東低の冬型の気圧配置となる見込みです。

29日午前9時
30日午前9時
31日午前9時

このため、27日(月)・28日(火)・29日(水)は東・西日本の太平洋側では雨または雪となり、30日(木)・31日(金)は北・東日本の日本海側で雪となる所が多いでしょう。

また、低気圧の通過・発達、冬型の気圧配置に伴って風が強まり、波も高くなるでしょう。波高が8m前後となり大しけとなる沿岸・海域もありそうです。交通障害等の恐れがあります。最新の予報を確認するようにしてください。
風28日午前9時
風予想図28日(火)午前9時
風29日午前9時
風予想図29日(水)午前9時
風30日午前9時
風予想図30日(木)午前9時
風31日午前9時
風予想図31日(金)午前9時
波高28日午前9時
波高予想図28日(火)午前9時
波高29日午前9時
波高予想図29日(水)午前9時
波高30日午前9時
波高予想図30日(木)午前9時
波高31日午前9時
波高予想図31日(金)午前9時

各地の詳しい予想はピンポイント予報でお確かめください。また、3日~7日先の予報は、メニュー「沖合の週間予報」https://www.umikaisei.jp/weather/windwave/week/undulation.html?mapid=00000000からご確認ください。

文責 株式会社サーフレジェンド 気象予報士・防災士 唐澤敏哉

最近の記事

関連する記事